ネットがつかえない

アラズヤ商店陳列作法

相撲 is エンターテイメント《親方 vs 理事衆 反発のムジナへの変革案》

 

本当に、引退しちゃったんですね。

”またまたぁ、ご冗談を”って、平たく言えばそんな感触でこの話題を見やっていた人って、案外少くなかったのではないでしょうか?

何だかんだといざこざを重ねた末に”両者痛み分け”あるいは”喧嘩両成敗”なんて、見るだけならそんな風に見えなくもない感じでつまり、安定の”またかよ”的な着地で収束するものと、個人的にはてんで舐めてかかっていたわけです。

あたしがてんで舐めてみたところでまったくどうでもないことは重々承知した上でそんなこと言ってるわけなんですが。

 

 

貴乃花”キモいほどガンコ”光司 vs 日本”的屋利権カルテル相撲協会

 

 

結局なんだったのさ? と。

”引退”手続きが正式に履行されてからこっち、貴乃花さんのうやうやしくも不気味に押し殺したような、優しげでいてその裏には奇天烈な反骨が今にも爆裂しそうでいるようなつまり、”ますますヤベえ感じ”がさらに浮き彫りになって見える人こそ少なくないはずかと……(主観)

 

ガンコ一徹にも、狂気じみた穏やかさにも所詮、洗脳の後遺症を読み取りたくなってしまうのは、眺めさせられるばっかのわれわれ視聴者目線としてはむしろまったく正常な姿勢になりつつある、そんなもはや世のことわり然とした終わったんだか終わってないんだかそもそもいつも通りでしかないのかも、とかそんな有り様。

 

少なくとも確かに言えることは……。

”お弟子さん、とんだことでした”のようなことばかりなわけで。

 

TVショーによれば、双方のお弟子さんともさっそく打ち解けて、というかそもそも知らないわけでもないのだし、みたいなことでまったく和やかな新体制のスタートを切った、とのことで。

ほんと、よかったですな一先ず。

確かにその通りであるのならな。なんてな。

 

闘う男たちが、そんなすんなりと順列整うもんかよ受け容れるもんかよ、なんて下世話なことをたかだか視聴者風情がちゃちゃ入れてみたところで、都合のいいときだけ”絶対神”ばりの発言力? 標榜しつつ所詮茶の間から飛び出たレベルみたいな横綱ヘイトばっか並べ立てる”横綱審議委員会”と大差ない感じになっちゃうよね、やめとこやめとこみたいなものですよね、やめとこやめとこ。

 

 

物議を巻き起こした”張本人”貴乃花親方と、そんな”張本人”をぎっちぎちにひねくれさせた”張本人”というか”連中”相撲協会理事衆。

まったく相容れない様相を呈する双方に唯一共通すると思しき”性質”

 

 

”なんか、暗いんだよな。あんたたちってさ”

 

 

もう、まったく身もフタもない。

しかしながら。

……まあ、事実でしょ?

 

 

あの人たち(双方ですもちろん)がもっと楽しそうに、愉快そうに”The 相撲”的趣をもっとセンシティブに、ユーモアやらサービスにあずけた何らかの一面ばかりこそ標榜してくれたものなら、なんだかその、ジャニ扇とかそんなまでは言わないですけれども、例えば取り組み終了後のオリ物販とか、姫抱っこ撮影会(プロレス衆やってたっけな)とか、なんだかありきたりだし怒られそうですけれどもそれにしても、地方巡業で子どもら土俵に束で上げて力士にぶん投げさせるばっかがファンサービスとかコミュニケーションじゃねえだろ、なんてついクチ悪くなりがちじゃないですか?

”スモジョ”なんてしょせん”カープ女子”なぞる程度の効果、生えては抜ける育ちの悪いおっさんのハゲあたまみたいな効果なぞる程度でしかないことに”まあな”くらいの興味しか思いつかせない”所詮、相撲”感とか、なんか安定の”あぐら”感否めないじゃないですか?

 

伝統? 国技?

おめおめとガイコク人招き入れて、まんまとてっぺん占領された”国技”程度が何言ってんだ、とディスられてすっかり久しいじゃあありませんか(←他人事みたく放る)

 

 

ここはひとつ、日本の伝統たる”相撲”ばかりには任せられん、とばかりに平行してひた走るもう一つの”相撲”、そう、”SUMOU”を提言するべきときが今まさに訪れようとしているのではないのか?

 

”相撲”という”伝統”に縛られたただの窮屈を凌駕するカウンターカルチャー”SUMOU”

 

窮地を救われながら、図らずも遺恨を残してしまったかのように見える”相撲”

ここは一つ、罪滅ぼしと感謝を伝える意味も踏まえての更なる依存、”朝青龍関の再降臨”から物語を始めてみてはいかがでしょうか?

対抗はもちろん日馬富士関。

曙関、双葉黒関にもご降臨いただいてもう舞台はすっかり遺恨臭くて血生臭くて開幕前から注目必死。

初興行の大トリの一番ならぬメーンイベントはせっかくの外国勢を差し置いての”遺恨の兄弟舟”若貴デスマッチ。

 

取り組み、ではなく、カード命。

 

さらには、昨今のスポーツ界に押し寄せる”ショーアップ”という潮流に乗ったスケール感,イベント感を演出する”国技館”いや、”SUMOU-stadium”構想。

 

初場所”、”夏場所”などのラウンドも”ステージ”と改め、”大相撲”という大儀に代わるキャッチーな興行名を冠する。

名付けて、”TUPPARI”

 

土俵入りの際には四股名に続き読み上げられるキャッチフレーズ。

”土俵際のトリックスター

”立ち合いの不動明王

”前みつ取りのファンタジスタ

”マイクパフォーマンスのアウトレットモール”

 

いいぞ何だか愉快になってきた。

 

サッカーにならって公営クジの導入、その名も”TITI”

全取り組み終了後の弓取りの儀式に代わってDA-PUMPによる圧巻のエンディングパフォーマンス”T.P.R”

会場を後にする観客を見送る力士たちも取り組み後の引かぬ汗をさらに飛沫の如くまき散らしながらの”物言いダンス”(天高く右手を挙手、愚直にジャンプ)

 

 

 

もうサイコー。

 

すべてパクリ。なぞり。

なぁーんにも新しくない。

 

 

まいった。

 

 

伝統というモノは、実に偉大で、たいへんなものなのですね。

今さらながら、気付かされました(←ココロあらず)

ただのいち視聴者風情が関係者各位のブキミなほどの陰険さに耐えかねた末に、とはいえパクリ臭いなぞり下手な生意気を言ってすみませんでした。

 

 

みなさんのお力でどうか”相撲”を、伝統文化として誰もが愛して止まない”相撲”へと立ち直らせて下さい。

 

なにしろあたしたちは、見るばっかでしかないんですから。

言いたいこと言ってるばっかでしかないんですから。

 

 

 

所詮、面白がってんですから。