夜更けのサロン suffcuts あるいは 現地時間拘束下  

東御市R18夜更けのサロン ”現地時間拘束下” ひっそりと馬鹿だからイメージばっかとか死ねって寝る間も惜しみますってば

新しいのはなんで

***********************************************************************************************

夜更けのサロン ”現地時間拘束下” は開店時刻不定です

twitter ID @yofukee にて随時告知(概ねサボりがち)いたしておりますので、基本的にはフォローしない方向で検索にてご確認いただけたら全然OKです

夕方 ~ 最終問い合わせ21時、22時台までご予約可能です(田舎では夜更け)のでお仕事帰りでも余裕です

土曜、日曜は ”suffcuts” 朝10時より営業してます(第1、3土曜定休日)

”ツルツルサラサラ” とかアホみたいな商売はやってません

10レベル以上のカラーもやりません

トレンドカラーとかもありません

縮毛矯正は縮毛矯正、ランクなんてありません(値段で仕上がり違うとかアホかと思う)

パーマは手探り髪探りです

ホット系パーマやってません

セットやってません

メイクやってません

着付けこそやってません

つまりおっさんの許容範囲でしかやってません

基本ハンドブローです。ブラシとか使いません(ケチとか面倒なのではなく、そうじゃなきゃ意味ないと思ってやってます)

 

総じて、シンプル且つ面倒くさいお店です

ついでにおっさんおしゃべりだからウザいです

でも仲良くなったらアナタのモノ、居心地最高です

”髪を切る” のはただのきっかけ

お試し下さい

 

LINEからお問い合わせ・ご予約ください(twitter からでもOK) 

友だち追加

************************************************************************************************

 

 

 

10、だそうです。

 

 

ちなみにあたしは、4.5です。

けっこう驚かれます。

 

 

何のハナシかって、スマホのハナシ。

iPhone のハナシ。

ガラケーからスマホに乗り換えて以来、ずっと iPhone なんです。

べつに Mac厨 ってわけではないし、むしろPCは Windows しか使ったことないんですし今現在の機種は DELL ときたもんだ。

壊れたらこの次は Mouse 買おうかな、くらいのこと本気で思ってるんですし、壊れないうちはずっとこれでいいや何にも問題ないや、ってそんな心づもりの方が余程本気度高いんですし。

 

近頃 PC 使う人少なくなってきてるらしいですね。

って、そんなアホな。

 

世の中、”現象” みたいなモノの言い方すること多過ぎじゃないですか。

目的に応じて、とか例えばそういうごく普通とも言うべき目線抜きにして俯瞰的な表現に傾きたがるとか、何だか何の都合なんだか、みたいな気分になんないですか?

 

あたしばっかですか。

そうですか。

 

単純に ”キーボード” っていう利便性だとか、複数のブラウザーを平行して使いたいとか、ごく普通のっていうか多分平均以下のあたしみたいなユーザーですら PC についてスマホタブレット以上のつまり利便性を感じることは普通にあるわけで、こうしてブログを書くとか文字入力なんか特にそう、フリックとかそもそも不便でキライですし、人間には指が十本もあるのにどうしてたったの一本ばっかりをウロウロさせることに例えば先進性のようなものを思いつかなければならないのか、便利と認識しなければならないのかー。

 

 

いや、不便、ですから。

やってられっか、って普通に思いますから。

 

 

この前、店の LINE@ アカウントがぶっ飛びました。

原因は不明。真っ白。

商売こそぶっ飛ぶ寸前ですよ、たまったもんじゃないですまじで。

 

そんなことをとあるお客さんに話したら、”それって、 iPhone だからだよ。知り合いでもぶっ飛ばしてる人すげえいるし。もう Android にしておきなよ、間違いないよ” って。

 

まじかー。

って、まあまんまとハードウェアばっかに因縁つけたがるつもりはこれっぽっちもないんですけど、まあ、機械って例えばそういうことだよなー、くらいのことはまあ思わないでもないわけで、若干そっち側からモノみたならつまり4.5だから? とか。

推奨環境としてポンコツ、だからとか。

まあ、むしろユーザーとしての不備みたいなことだって思わないでもないわけなんですよ、こう見えてもあたしはあたしなりの公正とか公平には努めて手を抜かないつもりではいるんです、って言いすぎました。まあまあくらい、のつもりでどうか。

 

時代は進んでいくのさ。

4s じゃなくてせめて6とかだったなら、ぶっ飛ばなかったとかまあ別に納得できないでもないつもりではいるんです。機械ってそういうことでしょ。技術とか、相性とかってあるでしょ。

 

悪かったなー、今どき 4s でよお。

 

だって、何でか好きなんだもの。

ちっさいし、重いし、ってワケわかんない。つまり ”古さ” ってそのままの有り様。

読み込みとかも明らかに遅いし、ページの容量によっては勝手にリロードかかっちゃうとかほとんどポンコツなんだけど、でもバッテリーとか普通に生きてるし、そもそものスペックっていう意味での機能はまったく壊れていないんだし。

 

何しろデザイン、かっこいいしー。

て、まあそれだけっつってもいいんだけども。

 

 

 

アレ、きらいなんですよ。

初日に行列するやつ。前日から並んでる、とか意味わかんない自慢げな感じとか。

ハイタッチしながら店入るとか、あれ何なんだろ。

お店側、はいいんですよそういうのだって商売の一環なんだし演出だしイメージなんだし何となく盛り上がる感じもわかんないでもないんだし。

だからってお客さん、まんまとその気にさせられて何なら便乗宜しく恥ずかしげも戸惑いもたどたどしく(←ここ日本人)包み隠した風にやれやれとハイタッチ、とかなんだか見てるこっちのが恥ずかしいからテレビのチャンネル変えちゃう。

変えるタイミングとか間違えちゃうと ”誰よりも先に手に入れたかったので” とかまったく馬鹿っぽくインタビューに答えるどこの誰だか知らない知りたくもないどなた様かにイラついてしまったりとか朝っぱらからものすごく個人的すぎる放送事故に遭遇しかねない、とか心狭すぎですかあたくし。

 

あれ、事実なんですか?

っていうのは iPhone の報道についてばっかではなくて、朝の情報番組とかみてるとまあまあ思うんですけど、今どきとか流行りとかって建前は結構なんですしテレビなんかネットの後発情報便乗受け売りとか言われて久しい近頃なんですからどうでもいいんですけど、だったら受け止める側、つまり視聴者としてのあたしたちっていうのはそういうこと、どうやって受け止めるの? みたいなこと普通に考えるじゃないですか?

 

”事実なんですか?”

っていうのは、情報そのものについてではなくて受け止める側のあたしたちこその認識についてってことで、そんな意味での例えば ”iPhone” ってこと。

 

”新しいの出ました”

 

っていちいちそれを伝えてくれる、伝えたがるその意味を。

目的を。

 

新しいの出たらすぐに欲しくなる、未だに ”4s” なあたしにそういう感覚が備わっているはずもなくむしろ、”いらねえよそんな高機能とか” なんて徒に反発やらアレルギー思いついちゃうとか超面倒くさい。

 

 

でも結局、思っちゃうんですよ。

”目的はなんだ” とか、”需要ってなんだ” みたいな生意気。

そういうの、相手に対してってことではなくあくまでも自分自身についてってことでつまり、世の中に有り余る技術とか情報とか価値とか、たとえばそんなものについてごく個人的に ”需要” なり ”目的” のようなことを考えてみるとか、なんだか面倒だなあ、でも何となく看過できない気がしてしまうその感じ、テレビでネットでそうあったからきっとそうなんでしょう、みたいな敏感なようでいて単なる思考停止と思えなくもないある意味鵜呑みみたいな従順さとでもいうんだろか、そういう抵抗のなさ疑いのなさみたいなものを近頃は ”需要” とか ”目的”、あるいは ”価値” みたいなことに置き換えたがるなら、便利に使いこなしたがるそんな都合でいるばっかなら、あたしばっかのごく個人的感情によるならまったく普通の感覚において ”くっそくだらねえ” ってやっぱ、”4sで全然いいんですけど、十分なんですけど” って思うしかないとか。

 

売り手は、仕方ないです多分。

商売なんですし。

 

あたしも一応商売人なんですけど、それにしても受け止める側つまり ”消費者” っていう側の近頃の欲しがり方、そういうものだと思いたがる安易な感じとか、いけね言いすぎちまう何様だよものだなー、ってでもつまり、”無駄に期待値ばっか高い感じ無思考な感じ” っがまあほとんどきらいで、普通にイライラするとかそんな感じの悪さでさえいるもので。

 

商売人、失格。

 

 

 

まさか。

失格にはならない、商売人側こその倫理、ってそんな立派なものではないんですけど、むしろ商売側としての ”無駄に期待値を煽る” みたいな馬鹿っぽさとか、そういうのほんとムカつくしイラつくから自分ばっかはそういうもんからせめてはみ出して行こう、って、だからこんなことばっか言ってしまうのかって朝っぱらからかなしいですけどもまあまあほとんど本音なのだから仕方がないのです。

 

”あれが出来る!” とか ”こんなふうになれる!” みたいなことを宣伝とか情報と思いたがるような、価値を生むような時代なんてとっくに先っちょの方から腐り始めてると思うんですよ。

個人的にはそんな気がしてんです。

つまり、せっかく商売を模索するなら自分はそっち側。

ブログとか、そんな今更のようなことさえ違う目的ようなつもりでやりたいとか我が道を行く生意気。

 

世の中は案外 ”芯” のような方向に向かい始めてる気もしないでもないんですよ、例えば先日の選挙とかさ。良くも悪くも、ってことではあるのだけれども。

 

でも、どうあれそういう意欲的ではあるはずの期待値なら、あたしみたいのなんかでも思いつきたくないでもない気はするんです。