夜更けのサロン suffcuts あるいは 現地時間拘束下  

東御市R18夜更けのサロン ”現地時間拘束下” ひっそりと馬鹿だからイメージばっかとか死ねって寝る間も惜しみますってば

古臭いんですよ、今どきなんてものは

***********************************************************************************************

夜更けのサロン ”現地時間拘束下” は開店時刻不定です

twitter ID @yofukee にて随時告知(概ねサボりがち)いたしておりますので、基本的にはフォローしない方向で検索にてご確認いただけたら全然OKです

夕方 ~ 最終問い合わせ21時、22時台までご予約可能です(田舎では夜更け)のでお仕事帰りでも余裕です

土曜、日曜は ”suffcuts” 朝10時より営業してます(第1、3土曜定休日)

”ツルツルサラサラ” とかアホみたいな商売はやってません

10レベル以上のカラーもやりません

トレンドカラーとかもありません

縮毛矯正は縮毛矯正、ランクなんてありません(値段で仕上がり違うとかアホかと思う)

パーマは手探り髪探りです

ホット系パーマやってません

セットやってません

メイクやってません

着付けこそやってません

つまりおっさんの許容範囲でしかやってません

基本ハンドブローです。ブラシとか使いません(ケチとか面倒なのではなく、そうじゃなきゃ意味ないと思ってやってます)

 

総じて、シンプル且つ面倒くさいお店です

ついでにおっさんおしゃべりだからウザいです

でも仲良くなったらアナタのモノ、居心地最高です

”髪を切る” のはただのきっかけ

お試し下さい

 

LINEからお問い合わせ・ご予約ください(twitter からでもOK) 

友だち追加

************************************************************************************************

 

こんな大変な時期に、集中力がない。

 

LINEアカウントがぶっ飛んで、こりゃ大変だ、と。

でも、なんだろ? なぜこんなタイミングでこんなことが? なんてわりと考えてしまいがちなあたしはつまり、”まいっか、知らね” なんて、新アカくらいはすぐに作ってはみたものの、あまり告知も何もせずこうしてブログとツイッターのみでの告知で一先ずなんかやっといたみたいな気になっておいてからこっち、ちょっとプライベートな方面でイベントとか打ってみてこの一ヶ月、仕事のこと全然考えてませんでした。

 

今日は定休日ですし、イベントも一段落したのでようやく、新アカのご案内状お詫び状なんかを作成しまして。

 

まだ知らないでおられる方も少なくないはずなので一応お知らせさせていただこうと、身の程知らずのお節介を思いつくわけなのですが、そんなこと考えながら、ちと待てよ、と。

 

アカウントぶっ飛んで、もう一ヶ月になるんですけど、それでもご連絡いただいたり、わざわざ調べたりとかしてご予約下さったりする方もまあまあいらしたりしたわけで、そんな折。

 

やっぱ、ウチに用がある人は黙っていたって来てくださるんだなあ、と。

 

”やめちゃったのかと思ったよ”

 

とかまあ、言われがちなことは言われてしまうんですけれども、”体壊して入院でもしてるのかと思った” とかね、でも結局、わざわざご連絡いただけて、実にありがたいことだなあ、と。

 

 

世の中、”気遣い” ってこと一つとってもいろんなカタチはあろうものですから。

 

積極的に心配してみる。

そっとしておいてあげる。

時期を見て、そっと声掛けてみる。

間接的に、探ってみる。

気付かれないように、そっとのぞいてみる。

まいっか、って忘れてあげる。

 

例えばそんないずれかが良いとか悪いとかっておハナシではなくて、その関係性とか適切さ、見たいなモンはないでもなさそうだなあ、くらいのことは思うわけです。

 

こちゃ、選別だ、と。

なまいきなハナシ。

 

 

サロン業界は多分、大変だと思うんですよ。今どき。

そもそも楽なことなんて、ありはしないんですけれども。

それにしても、ってハナシ。

 

じゃあ、どうすんの? ってことはやっぱ、生きていかなければならないから考えないわけにもいかないわけで、考えるんですよやっぱ。

あたしごときでも。

 

広告? チラシ? DM? ポスティング? HP,ブログ、なんとかペッパー、口コミなんちゃら……

 

まあ、いろいろあるんでしょうけれどもなんでしょう、そういうのってもう、さんざんやってきてるんですよね、みんな。どこのお店も。

ウチはあんまりやんなかった、っていうかやりたくかったからやんなかっただけなんですけど。

 

 

そういうの、だんだん通用しなくなってきた、ってみんな気付き始めてんですよね、ようやく。多分。

”来ないんじゃないんです。知られていないだけなんです”

って、そこらじゅうのサロンコンサルが猫も杓子も騒ぎ立てたついこの前までの有り様、うーむ確かに、なんてその気になってしまう人たちの気持もそりゃわかりますよ。

あたしもそんな気がしてた時期、ありましたもん。

 

でもやっぱ、めんどくせえ。ってなっちゃって。

 

売れるコピーの書き方とか、お客様との写メをブログにアップして関係性をアピールしましょうとか、魅力的なメニューの提示、他店との差別化、お得な情報、etc……

 

わからないじゃないんですけど、実際にそれやって儲けてるお店とかも知ってるけど、みんな勉強熱心ですごいなあともおもうんです、思うんですけれども。

 

 

お客さんに来てもらうためにこちらから提示するありとあらゆる情報ってつまり、お客さんが離れる、悪くすると期待を損ねる、もっと悪く言うと期待値ばっか高い欲しがるばっかのタチの悪い面倒くさいお客さんばっか増やすことになりかねない、瞬発力はあるかもしれないんだけど、長期展望でみると案外ただの消耗戦になりかねない側面も普通にあるような気がしてやっぱ、……めんどうくさい。と。

 

 

わざわざ来てくれるには、それなりの理由はやっぱあると思うんですよ、あたりまえのことなんですけど。

ただ、そういうものって、売る側から差し出すようなもの、声を大にして伝えたがるようなもの、そうしなければならない、そんなものではないような気が個人的には商売始めてからこっちずーっとしていて、例えば割引きクーポンとかもやったことあるんですけど、確かにその時は余分に出掛けてもらえたり新規の方がお見えになったりもするんですけど、正直な話あたしなんか薄情ですから、いつもと同じことするのに安くやらなきゃならないと思うだけでテンション下がりますし、いつもお世話になってる方ならなだしも、初めての方になんで割引きしなきゃならないのか? 集客、とかつまり商売、サービスとか、日本古来から言われている ”お客様は神様です” 的悪しき慣習とでもいうんでしょうか、そういうの、なんだか違うんじゃないの? って、やっぱそんな気がしてしまうんですね。

ケチだと思うなら、勝手に思ってろ。こちとら差し出す手間と技術で生きてんだよなめんな、くらいのこと思ってしまうんですよ。

やることったら、大したことじゃないんですけれども。

 

大したこと?

大したことやってます。って宣伝したほうが良識的なんですかね?

商売として、逞しいんですかね?

 

逞しいんでしょうなー。

 

”クーポンがきっかけになる人は、クーポンで離れていく”

これって、すべてがすべてってわけではないんですけど例えば、寂しいから恋人が欲しいって、出会い系サイトとかでもいいような感じに誤解しちゃう感じと大して変わんない気さえしてしまうんですよ。乱暴なハナシではあるんですけれども。

出会い系サイトで何某かに恵まれてしまうかもしれないことを、出会い、なんておもえるような欲求では生きていないんですよ、こちとら。

って、そんな面倒なハナシ。

そんなもんで出会った? 相手に何某か純粋なこと思いつけるかったら、そんなまでに鈍感に生きてるつもりこそないんですよ、こちとら。

って、口の悪いハナシ。

 

 

なら、どうすんの?

何がウチらしく正しくいられんの? 知ってもらえるの? 出掛けてもらえるの?

わざわざ出掛けようって、思いついてもらえんの?

 

って。

ウチでこその理由みたいなもんってなんだ?

 

そんなことばっか、結局考えてばっかで所詮面倒臭くなる。

で、今日ようやく ”新アカのご案内状お詫び状” とか作りました。

って、そんな回りくどいハナシなんでした。

 

 

手のひらから伝わるものの傲慢。

なんていったら生意気かあ。

 

少なくとも、そんなもん鵜呑みにする時代なんて、とっくに終わってると思うんだけどなあ。

 

田舎って、遅いからなあ。

なんて、軽くディスってみたりとか。