夜更けのサロン suffcuts あるいは 現地時間拘束下  

東御市R18夜更けのサロン ”現地時間拘束下” ひっそりと馬鹿だからイメージばっかとか死ねって寝る間も惜しみますってば

考えない と さよなら

*********************************************************************************************************

夜更けのサロン ”現地時間拘束下” は開店時刻不定です

twitter ID @yofukee にて随時告知(概ねサボりがち)いたしておりますので、基本的にはフォローしない方向で検索にてご確認いただけたら全然OKです

夕方 ~ 最終受付21時(田舎では夜更け)までだからお仕事帰りでも余裕です

土曜、日曜は朝10時より営業してます

”ツルツルサラサラ” とかアホみたいな商売はやってません

LINEからお問い合わせ・ご予約ください(twitter からでもOK) 

 友だち追加

*****************************************************************************************************

 

 

あいかわらずムカつく。

 

例えば、洗っているうちに染まるシャンプー、とか。

 

この前もテレビショッピングで宣伝してるの観て、イラっと。

別にいいんですよ、それを商品として売りたがるのは。

商売なんですから。

 

売る、ってことは、売れる、ってことなんでしょ。

買う人がいるから、売る。

売るから、買う?

 

 

一般的にイジメは悪、です当たり前。

ただ、そんな際に必ず噴出する ”イジメられるほうにも問題がある” に対する ”イジメ擁護非難” 的展開つまり、卵が先か鶏が先か的水掛け論風情。

 

ん? ちょっと違うか。

まいっか。

 

 

あたし、イラっときやすいタチですから(自覚)、”イジメられるほうにも問題がある” 的思考にまるきり反発しないでもないところあります正直なところ。

 

誤解しないでほしいんですけど、正直が常に真表を歩き回るもんかったらそうでもないってことも忘れないでよね、っつことです。

 

イラっ、っとするってつまりそんなことよね、って単純に考える。

 

あたしはイジメなんかしたことナイですし、イジメられたことこそないです。

それに近い感情を思いついたことはあったかもしれないけど、どっちもどっち、上手くごまかしてきたような気がしてます。

 

あいつイラつく。

まいっか、ほっとこ気にすんな。

 

あれ、おいらもしかして狙われてる?

まいっか、そん時はそん時だ気にすんな。

 

結果、何ごともなかったとか(凪

 

 

シャンプーって、何ですか? その目的ってことなんですけど。

 

”洗う” ですよね?

 

洗いたい目的のさなか、”染まる”

ええ~~……?!

 

そういう例えばとんちんかんを、額面どおりに例えば ”便利” とか ”お得” とかうのみにしたい感性の人に、あたしはまったく ”イラっ” っとします普通に。

 

 

近頃の消費者意識って、なんだかヘンな気がする。

 

高級なもの、上質なものを欲しがるくせに、案外その根拠には興味ないとか、知ろうともしないとか。

ネットで、テレビで、雑誌で、SNSで、イイっていってたから多分イイ。

 

現実には ”モノの良さ” なんてものはその程度の理由さえ備わっていたら十分B¥なのかもしれないな、とか。

ってうか、それさえあればいい、とさえ。

 

メディアにあることが重要で、そのもの事態の真偽は二の次三の次、っていうかほとんどどうでもいい、何なら、”これがイイんです”、”これからはコレなんです” って理由や価値さえ売り手側に決定して欲しい、ただただ与えて欲しい。

そんな中で、他人があんまり持ってないものこそ欲しい、他人よりいち早く欲しい、こっそり自慢げに欲しい、ってヒドイ悪意で書いてるかもですすまぬスマヌ。

 

 

 

今日はお客さんとの会話の中で ”便利” ってことについて考えさせられることが多かった一日でした。

あたしが個人的に思うことは、例えば ”便利さ” が ”価値” になって、人はどんどんアホになった、ってそんな疑いです。

あるいは、世の中を歪めた、総じて人々をこそ、みたいな。えらそうに。

 

 

店から電話をなくす、っていう企みは、例えばそんなイラっとまるきり無関係なんかじゃないこと、自分ばっかでは全然わかっているんです、っていうかまさにそのつもりで考えてることなんです。

 

商売として成り立つ方法、ではなく、あたしの商売として成り立つ方法を、そんな理由こそを猛烈に意識していきたい、そうしてつながれるみなさんこそとお付き合いさせていただきたい末永く、って大げさに馬鹿げたこと真面目に考えさせられます。

 

そんな一日でした刺激的な一日でした。