夜更けのサロン  現地時間拘束下  

東御市R18夜更けのサロン ”現地時間拘束下” ひっそりと馬鹿だからイメージばっかとか死ねって寝る間も惜しみますってば

なにもしてない

*********************************************************************************************************

夜更けのサロン ”現地時間拘束下” は開店時刻不定です

twitter ID @yofukee にて随時告知(概ねサボりがち)いたしておりますので、基本的にはフォローしない方向で検索にてご確認いただけたら全然OKです

夕方 ~ 最終受付21時(田舎では夜更け)までだからお仕事帰りでも余裕です

土曜、日曜は朝10時より営業してます

”ツルツルサラサラ” とかアホみたいな商売はやってません

LINEからお問い合わせ・ご予約ください(twitter からでもOK) 

 友だち追加

*****************************************************************************************************

 

店の仕様について、日頃から、色々と、無責任なことばっか考えてます。

 

いえ、無責任なつもりではないんですけど、人様からは押しなべてそう見えがち、みたいなことばっかとかそんな感じのこと。

 

お盆休みには、ゴールデンウィークにやり残した改装の続きをやりたいと思ってます。

相変わらずのDIY作戦におきまして。

わかりません。

やらないかもしれないも含めてなんですけど、ってこと。

 

来年の二月にはお店から電話をなくそうと思ってます。

プロバイダーの更新月なもので。

わかりません。

インターネットだけ解約ってことに甘んじそうな予感も含めて、ってことなんですけど。

 

当日の問い合わせはNGな方向に傾けていこうかと思ってます。

フタを開けなきゃわからない営業とかイヤなもので。

わかりません。

わがまますぎて不便すぎてお客さんいなくなりそうだからそうもいかねえ、って言い出しそうな性分も鑑みて、ってことなんですけど。

 

 

 

やりたいことを仕事にしたい、ということを当然なる正義として疑わないウチのムスメとケンカしてばかりです。

っていうか、こっちが出すモンだすっていう卑怯さ横暴さにおいてややでもなくただ単純に説教らしきに傾きがちっていうかほとんどそのまんまみたいな事態になりがちったらなりがちなんですけど、なんか、イヤになってしまって。

 

 

”就職しない生き方”

 

昨夜、そんなふしだらな言葉がミジメなアタマの中を過ぎりまして。

 

 

あたしは考えてみたらこの十何年間、就職しないで生きてたワケです。

所詮、ろくな暮らしではなかったのですけれども。

 

その結果、例えばムスメの希望をなかなか満足には叶えてあげられそうにない自分ってものにも出会ってしまったりするワケです。

っていうか、ぼんやりと気付いてはいたのですけれども。

ただすっとぼけていたばっかなんですけれども。

 

 

まちがってたんだろか。

って、思ったりするんです。

まあ、わりとしょっちゅう。

 

命がある、健康があることを前提にして、ここのところ多分、不幸ばっか叫んでんですそんな罰当たりな感じでいるんです。

 

世の中は大変だ。

やること一杯。

やらなければならないこと一杯。

 

なぜそんなに沢山、っていうかだれが決めたんじゃい。

 

 

ついそんなことを、十六、七のこどもについ、言ってしまう。

ほんと、アホで困ります。

 

 

だからって、あたしは例えばダイソンのデザインがあまり魅力的に見えない。

ふわふわカキ氷を行列して食べたいと思わない。

お得なクーポンをお得と思えない。

 

 

情報が情報としてではなく、まんま価値として提供されるほとんどそんな感じのこの世の近頃。

インスタにあげてよね、って用意されたショップのフォトスペースとか思いついた人は明るいし頭イイと思うし時代食ってると思う。

 

だからこそ、ってことなんですけど、個人的にはそういったものを受け取る側のむだに高すぎる期待値みたいなものが概ねあまり好きになれそうにないらしく。

 

旨いたべもの屋さんを知ってる人が、知ってるだけの人が ”どうだ、旨いだろう” ってまるで自分のてがらみたいにひけらかす感じの人が子どものころから好きじゃなかったのとほとんどかわらない感覚で、例えば ”インスタ映え” とかってそんなアクティブさに包み隠された本音みたいなものとか、なんだかなあ、ってやっぱり。

 

 

やりたいことを仕事にしたい、というムスメに対してそうでもないばっかの説教を垂れたがるあたしこそが、就職しない生き方をしながら、やりたいことをちゃんと表明してきたんだろか、ってそんな小ズルイややもダサい気分を思いついてやっぱり、ああ、なんだかなあ、って阿藤海さんみたいなこと。

 

 

電話をなくそう、って例えばそんな企みの目的をあたしは知ってるんですけどって当たり前、自分が考えてるんですから。

それはやりたいと思うお店のカタチの一つだと思うので、ちゃんと表明していこうと。

もちろんそれって、わがままでも不便さでもなく、お店にもお客さんにも効果的であるための方策の一つとして選択したい方針に違いないと思ってます。

そればっかじゃないウチなりの方策、ちゃんと表明していかないと、説教も出来ん。

みたいな不器用なことばっか思ってます。

ショボいはずですってばなさけない。

 

 

ダイソンでふわふわでお得なクーポンなんとかペッパーな世の中においてはほぼほぼ自殺みたいな仕出かしに違いないのだけれども、なんでだろ、ムスメにはそっち向きのおはなしばかりしてしまう。

 

まわりがどうとかしらん。

君はどうしたいんだ、何がしたいんだ。

それに向かって君らしく立ち向かう方法って一体どんなだ。

 

将来について、深刻な顔つきで考えるなんてみすぼらしさは自分ばっかでもう散々やりつくしてんです軽く死にたいくらいには。

お得なクーポンなんかありやしない人生をがつがつと楽しく明るく頑丈に思い描いてほしいだけなのに、取り巻くモノはそんなことまるきり許してはくれないらしいです。

 

 

甘っちょろいことばっかいってるからダイソンも買えないんだろ、って言われないだけマシかよ。

 

 

何かダサいからいらない。

ごく個人的な意思の表明を方針として選ぶことがそんなに馬鹿げてるんだろか。

 

やりたいことやってちゃんとかっこうつけなきゃ、ムスメにえらそうなこともどうやら言えないときた。

まあ、知ってたけど。当たり前だけど。

そうです、あたしの周辺は激動の時代を迎えつつあるようなのです。

 

やりたいことっていうものは、それをゆるしてくれるものだと願いたい信じたい。

そんなことばっかをムスメに訴えながら、自分こそ心が痛いなんて人生出来すぎです神さま。

 

 

明日がおっかねえ。