夜更けのサロン suffcuts あるいは 現地時間拘束下  

東御市R18夜更けのサロン ”現地時間拘束下” ひっそりと馬鹿だからイメージばっかとか死ねって寝る間も惜しみますってば

当たり前を知ったら台無しとかアホか死ね

*********************************************************************************************************

夜更けのサロン ”現地時間拘束下” は開店時刻不定です

twitter ID @yofukee にて随時告知(概ねサボりがち)いたしておりますので、基本的にはフォローしない方向で検索にてご確認いただけたら全然OKです

夕方 ~ 最終受付21時(田舎では夜更け)までだからお仕事帰りでも余裕です

土曜、日曜は朝10時より営業してます

”ツルツルサラサラ” とかアホみたいな商売はやってません

LINEからお問い合わせ・ご予約ください(twitter からでもOK) 

 友だち追加

*****************************************************************************************************

 

ゴールデンウィークだろうがハロウィーンだろうが朧月夜だろうが、髪の毛は所詮髪の毛なんですよ。

 

 

 

 

タンパク質の死骸なんですよ。

 

 

 

 

”栄養成分が髪の奥深くまで浸透して芯から補修”

 

してくれたらいいね。

何ならその栄養成分だとかってソレ、エジプトのミイラにじゃぶじゃぶ浴びせてしっとりツヤツヤに仕立て上げてみて下さい世界まるごとびっくりですよがんばってよね、ってそんなおハナシばっかしてます。

 

 

髪の毛は傷みます。

その通り。

何したって傷んでしまうんですよ髪の毛は。

お風呂に入ったら皮膚も爪もフヤけるじゃないですか、それは髪にだって同じく起きてる事態でしょ? 何しろ一緒にお風呂入ってんですもの同じくカラダの一部なんですもの当たり前。

 

どうして?

お風呂入ると、どうしてフヤけちゃうの? ってやっぱ考えようよ知ろうとしようよ知りたがろうよ自分のカラダのことなんだからさ。

 

ではどうして?

水分とか熱とか、そういう影響でさ浸透とかってさつまりフヤけちゃうんじゃないの? ってまあそうかもね、でも ”フヤける” を現象そのものみたいに語るのやめようよねそれって状態を表すつまり印象の表現でしかないハズなんだからさ。

 

 

《pH》

”水素イオン指数(すいそイオンしすう)、水素イオン濃度指数(すいそイオンのうどしすう)またはpH(ピーエイチ、ピーエッチ、ペーハー)は、水素イオン濃度を表す物理量である。「pH」は物理量の名称としても、物理量の記号としても用いられる[1]。水素イオン指数の値が小さいほど水素イオン濃度が高いことを示し、水素イオン指数の値が1変化することは水素イオン濃度が 10 倍または {\displaystyle 1/10} 倍異なることを意味する”

 

勝手にうぃきってみたの巻

けれど所詮馬鹿だから何のことかよくわからんです。

正確な事実は往々にして不親切でありがちである、とは誰の言葉でしたっけ? っていえいえすっとぼけやがってあたしの戯言ですすみませんな。

わかんないものはわかんない。

 

つまり。

 

上のわかんないやつを髪の毛とか皮膚とかのハナシに当てはめて更にくだらなく平たくクソ簡単に言い換えてみると例えば、”アルカリ(pH7より上界隈のこと)に傾くとふにゃふにゃになる、酸性(pH7より下界隈だっつことくらい推して知りやがれ)に傾くとキシキシしちゃう” とかそんな感じ。

わかりますか?

 

アルカリ → ユルむ

酸性 → 強張る

 

ちょっと極端すぎかしらでもざっくりとそんな感じと思ってくれても大丈夫です別に死んだりしないですから。(ムチャなやつ飲んだら死にますけども)

 

 

人間の髪も肌も、pHは弱酸性と言われる界隈のつまりpH4.5~5.5とされておりまして、それが正確なハナシなのか真実なのかと聞かれたならどっかのエラいヒトがそうだっつってんだからそうだと思っとけめんどくせえなっつことなんですけどもつまりそういうこと。

 

それに対しまして。

 

あたしたちんちの蛇口からじゃあじゃあ出てくる水道水ってやつは様々な便宜は知らずとも一先ず事実としてpH7つまりど真ん中の中性に調整されているってことばっかはまごうかたなき事実なんだそうでありましてつまり、あたしたちはお風呂に入るだけでpH4.5、5.5界隈から一気に7界隈に傾いちまうってことなんですそれがつまりつまりふにゃふにゃとフヤけるって事態の有り様ってことなんですね簡単すぎて勉強として親切すぎでしょ忘れたくても忘れらんないでしょあたしたちのくらしはまっこと当たり前ばっかに囲まれて生きてるっぽいってこと、もっとマヌケみたいに素直に受け止めたほうがいいって常から思ってんです馬鹿なあたしみたいのなんかは特にさ。

 

髪はタンパク質って組織で出来てるワケで、組織ってものは変化を与えられると何らかの影響をその変質を現してしまうものなんですね大概。

しかも髪の毛ときたら、死んでる。

なんてショッキングな事実。

だからって仕方ない、そういうモンなんだから気に食わなかったら神サマにいってくださいあたしは知らないです。

 

死んでるんだから、変わったら元には戻んない。

 

たぶん、子どもにだってわかることでしょ?

わかんなかったら、ちょっとかわいそうだけど砂場にでも連れ出してアリの一匹でもふんずけて悲惨な有り様取り返しのつかない有り様共に過ごして涙の一つでも流してあげてみてください、きっとお子さまったら強烈に命って当たり前さ噛み締めてくれることでしょう幼さって威力においてこその強烈さでもって。

よくわかんないけど。

 

アルカリに傾くと傷む、とか、酸性に傾くと調子悪い、とかって余計な決定とかテーマみたいなこと思いたがるから余計な欲求まで思いつきたくなったりしちゃうんじゃないですか? ってあたしからのいきなりの提案。

 

傷む、調子悪い、とかじゃなくて例えば ”元に戻んない”

 

そういう事実にこそ、あたしたちは立ち向かってんだと思ってんです。

 

 

”ダメージレスであなたのなりたいあなたに”

 

はあ? ですよ。

 

ダメージレス。

例えばそういう謳い文句に魅力を感じてしまいがちだとの自己認識をお持ちのアナタとかは多分、消費者としては優秀ですけど、人類っていう素性としてはほとんどクソだと思うので勝手にしたらいいと思うんですけど一応言っときますよ頼まれたって来ないでしょうけれども言っときますよウチには絶対に来ないで下さいあたしはそういう価値観が正々堂々大っキライなのでどうせ仲良くも正直な仕事も仕出かせやしないですしどうせツライばっかですから来てくれなくてまったく平気っていうか他所でじゃんじゃん期待しまくって下さい何しろそれって一番にあなたの為ですよね多分正しいこと言ってるつもり性格悪いのは元々のことー。

 

ダメージレス、を要求したがるのは髪についてってことに限定して言ったなら ”無銭飲食推奨” って告白してるようなモンだって、あたしは言い切ってしまいますよ。

誰だって、お金なんて払いたくないでしょうけど世の中そうもいかないよね慈善事業じゃないんだから。

好きな髪型にしたいけど、傷むのはイヤだ。

それはわかるけど、でも願望に留めておくべきなんですよ、現在の毛髪科学うんちゃらにおきましては。

残念ですけど、それが現実。

 

相応のダメージと引き換えに、あたしたちはなりたい自分になるんです。

なれるんです。

食い逃げでは、なれないんです。

 

期待したがる気持ちはわかるけど、あたしたちのカラダは余程当たり前みたいな仕組みで出来上がってんです。

切れば血が出るし、ムリすれば疲れちゃう。

動けば、ハラ減る。

 

 

期待することと事実が必ずしも相関関係にあるほど甘っちょろい条件に人間は生まれついていないらしいです。

だからこそ意欲的に生きていける。

 

とか、そんな言い方はアホくさくキザとは思うんですけどそれにしたって仕方ない、事実なんだから。

 

栄養くれてどうにかなるばっかなら、地球はとっくにゾンビで溢れてる。

 

そういう当たり前さをちゃんと正確に、ただの髪の毛からも眺めることはできるんだって例えばそんな明るさをあたしなんかはじゃんじゃん信じていきたい生きたいと、こればっかはキザでも何でもなく当たり前に思ったりするワケです。

 

 

ゴールデンウィーク

当たり前みたいに油断してたらダメだよ、そうして守られてる事実を見過ごして恵まれることばっかに悦び見出すばっかなんて、精神こじき過ぎじゃんかって思う。

 

じゃんじゃん働きたい。

 

そういうゴールデンウィークがあってもいいじゃんかっていうか、当たり前じゃんかそれは経済っていう仕組みの正常な正確な一部に違いないんだし。