読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜更けのサロン  現地時間拘束下  

東御市R18夜更けのサロン ”現地時間拘束下” ひっそりと馬鹿だからイメージばっかとか死ねって寝る間も惜しみますってば

例えばカウンセリングとか、そんな言葉がもう恥ずかしいんですよ

*********************************************************************************************************

夜更けのサロン ”現地時間拘束下” は開店時刻不定です

twitter ID @yofukee にて随時告知(概ねサボりがち)いたしておりますので、基本的にはフォローしない方向で検索にてご確認いただけたら全然OKです

夕方 ~ 最終受付21時(田舎では夜更け)までだからお仕事帰りでも余裕です

土曜、日曜は朝10時より営業してます

”ツルツルサラサラ” とかアホみたいな商売はやってません

LINEからお問い合わせ・ご予約ください(twitter からでもOK) 

 友だち追加

*********************************************************************************************************

 

さて、今日はどんな感じに。的な取っ掛かりはもはや、ろくなことないんです多分。

 

もちろん伺うんですけど尋ねるんですけど、たぶん、ざっくりとしたトコでしか聞いてナイです。

 

”丁寧なカウンセリングでお客様一人ひとりにご満足頂けるスタイル、ヘアケアをご提案いたします”

 

なんて、そんなこと一言もいいませんから。

ええ、ちっとも言いませんから。

 

なにせ。

 

お客さんなんて、ただ話したって何もわかりやしないんだし出てくるのはイメージに傾いたばっかのわがままばっかなんだし、って。

いえ、イイんです。それで。

だって、そんな風にしか伝えようなんかないじゃないですか、イメージしか。

だからいいんです。

なにせ、わたしだって自分の髪のことなんてわかんないですもん。

生え方なんて、毛流なんて、見たことないですもん。

 

全然わかんない。

 

 

だから、話したってしょうがないじゃん、なに基準に話したらいいのさって馬鹿なわたしなんかそれこそわからないですから。

 

 

え? それをわからせるのがプロでしょ、って?

 

 

……おハナシ聞いただけで納得出来るのかよ。満足すんのかよ。

 

 

 

こだわりのうんちゃら

 

当店だけのかんちゃら

 

選び抜かれたなんちゃら

 

お客様お一人お一人の……

 

 

って、ああ鬱陶しい。

本気で言ってんのかよ死んだ細胞相手に正気かよ、なんて声を大にして言ってしまったらいよいよ商売もおしまいなんだろか。

 

前回のパーマやカラーがいつだとか、どんな薬剤使ったとか、そんなことならもちろん大切ですよ、何せ髪は傷んだっきり元には戻らないんですから。

だからって、”お客様の髪のダメージレベルはこのくらいです” みたいのってどうなの? 派です一応告白してしまうのですけれども。

ゲージで見せてくれるのとかアレなんなの。

 

そりゃ、想像しますよわたしだってダメージくらい。危ないですもの、そりゃ。

わたし、同じ箇所に二度パーマかけない男ですそうです臆病ですとも役立たずですとも。

 

 

だって、どうせろくなことないし。

 

 

優しい薬剤? 使ったら平気? 安心とか?

 

 

……そんなもん、知らねっつの。

 

 

優しかろうが気が利いてようが、髪はなんかすりゃそれなりに傷むんです。

ダメージレス、とか聞こえいいですよね。

何だかイイ感じ、な感じですよね。

 

 

 

真っ赤なウソですから。それ。

 

でも、言われたらみんな嬉しい。なんだそれ。

 

 

相談するし、ハナシも聞きますよ。必要なことも伝えます。

でも、この人の髪にはムリだ、と思ったらやりません。

あるいは、勝手に切っちゃいます。もちろん相談の上で、ですけども。

 

わたしがわたしの髪のこと髪の条件のこと知らないのと同じく、お客さんもお客さん自身の髪やその条件についてなんて知らないんですもんわかってないんですもん、だからわたしなんかお客さんの言うことはざっくりとしか聞けないですし、細かいこといちいち受け入れてたらアホになるイライラする髪こそろくなことにならない、と思ってるんです。

希望の長さより短くなろうとも、明日からのお手入れによろしくないと思ったものならわたしはお客さんの言うことなんか聞きません。言うこと言って、切っちゃう。

 

持ち前の条件に逆らってまで、よろしくない条件を容認してまで希望に沿ってみせたって、どうせろくなことないですもの。

 

 

スタイリングしづらい

 

スタイルのもちがわるい

 

いつも同じところがハネちゃう

 

etc……

 

 

イコール ”あそこの店、ヘタ” とかさ。

 

 

そうかもね、ヘタなのかもね。

人間だもの、うまくいかんときもそりゃあるものです、って金取っておいて何言いやがる、なんて気持ちもわからんでもないですが、正直なこと言ってるだけだからすっこんでろうるせえな、くらいのことはそりゃ思いますよね、だって、人間だもの。

 

だからって、もしかしたら、あなたの要求にも原因があるかもよ、っていう可能性にもぜひご一考を。

めんどうなら、めんどうじゃないっぽいトコ行ったらいいんです。

勝手にしろじゃん、ってことです。

 

 

つまり。

 

 

 

 

そういうのまるごとひっくるめてイヤだから、”カウンセリング” とかエラそうなことしゃらくせえって、こっちから言ってしまうんですアホなのかな。

 

 

話すより、見て、触れて、動かして、……切っちまいます。

 

ただの勝手なのかどうか? そんな答えこそが見えてくる、そういうお付き合いとか価値をこそを芯食って生きていきたいと思ってんですアホだから。

 

 

あなたの髪らしく切る。

 

カウンセリング、なんてそんな立派な感じとはまるきり違う尺度から眺めたいつもりではいるんですつまり、きっともっと曖昧。

 

おなじお客さんでも、毎回切り方違うとか。

その時その時のお客さんの反応を見るのが好きです。

 

 

そりゃあ、勇気のいることではありますけれども。

 

ふざけてる、って言いたければ言いやがれ。