夜更けのサロン suffcuts あるいは 現地時間拘束下  

東御市R18夜更けのサロン ”現地時間拘束下” ひっそりと馬鹿だからイメージばっかとか死ねって寝る間も惜しみますってば

ヘンな期待は儲かる

*********************************************************************************************************

夜更けのサロン ”現地時間拘束下” は開店時刻不定です

twitter ID @yofukee にて随時告知いたしておりますので、基本的にはフォローしない方向で検索にてご確認いただけたら全然OKです

夕方 ~ 最終受付21時(田舎では夜更け)までだからお仕事帰りでも余裕です

土曜、日曜は朝10時より営業してます

”ツルツルサラサラ” とかアホみたいな商売はやってません

LINEからお問い合わせ・ご予約ください(twitter からでもOK) 

 友だち追加

*********************************************************************************************************

 

基本的に、期待値の高い分野だと思うんです、わたしらの稼業って。

それはつまりお客様側からの、ってことなんだけど。

 

可愛くなりたい、キレイになりたい、格好良くなりたい、さわやかになりたい  etc

って、そんなへんらはまあ昔からありがちなざっくりとした願望というか永遠のテーマっていうか当然の欲求というか。

 

近頃でいうなら、さらさらになりたいとかつやつやとかハリコシとかってつまり髪質改善系欲求、あの人みたいになりたいとか他の人とは一緒はイヤとかってデザインありき欲求、もっとさらさらもっとお手入れ簡単でもスタイリングばっちりってつまり丸投げ鈍ら欲張り欲求 etc

 

”コレ” 付けるだけでキレイになるとか見違えるとか、ネットやらテレビでも基本お役立ちなモノ、即効性こそがウリみたいなお節介夢見がちアイテムはてんこもりですからムリもない、人々は何かをすればすぐにどうにかなる的なことを当然のように思い込んでしまうことになるんだな。

 

コレさえ食ってれば一週間で10kg痩せる。

コレつけたらシミシワとおさらば。

コレ使えばダニもホコリも一網打尽。

コレ使っても効果実感できなかったら全額返金。

 

 

食えば太る。

歳重ねればボロくもなる。

ダニやホコリを憎むはいいけどおかげで一億総花粉症とか。

気に食わなかったら金返す、それを責任とか誠意と呼びたいなんて拝金主義もはなはだしい。

 

当たり前はどっちだ。

長い時間を掛けて明らかになったものを何らかのひと手間でどうにかしてしまいたい、どうにかなると思いたいなんてそれは欲求としては当然なのかもしれないのだけれど、それに至るまでの事実にめをつぶることは所詮解決にさえ目を瞑るようなものでつまり、欲しいのは結果ばかりで、理由とかそれにまつわる事実とかそんな面倒なことはどうでもいいんだな。

そうなる、と言われたならそうなるものと信じたい。

手に入れたい以上、人は期待するものなんだな。

 

 

ウチはショボい店かもしれませんが、例えば縮毛矯正とか、その仕組みとか理由を基にわたし自身が適当と思える薬剤を選んで、まずはムリのない、失敗の可能性の低い技術を基本として自慢の一つとしてウリにしています。

 

だからと言って、どこのお店よりもツルツルサラサラになるとかキレイになるとか、そういうものでもありません。

髪をキレイに、というスタンスがそもそも誤解を招いてしまうのかもしれないのですが、髪はキレイになんてなりません。

便宜上、キレイになったように見える、ただそれだけなんです。

 

髪は何をしてもキレイになんかなりません。

髪は何をしても傷んでしまうだけのものなんです。

 

つまり、縮毛矯正もクセ毛に悩む人がかければ見違えるようにキレイになりますし、お手入れもしやすくなる、毎日のスタイリングが楽になるのだけれど、それは決して髪そのものが健康になったとかキレイになったからなのではなく、必要に応じたダメージを請け負った上での取り繕いにすぎないんです。

髪は、ちゃんと傷んでます。

 

髪は傷んでしまうけれど、それと引き換えに毎日のお手入れが楽になるコンディションを、悩みを少しでも解消できるコンディションを実現できるように、お客様の期待と髪のダメージの綱渡りをやりきる。

所詮そんなつもりではいるんです。

 

初めてかけたときは見違えるようにさらさらになって嬉しかった。

でも、二回目はちゃんとかかったけど初めてのときほどはよくなかった。

 

実際にお客様がおっしゃられていたことです。

それが事実で、その欲求に応えられるものがあるなら、多分他のお店でも、もっと高いお金を払ってでも期待したいんだと思います。

何せ、ウチにはそれ以上のことは出来ないんですから。

 

 

もっともっと。

人は願うけれど、髪のことに限ってしまうならそこには限界があります。絶対に。

何せ、髪は髪でしかないんですから。

パーマもカラーも、皆さんより良いもの素敵なものを次々と期待したがるけれど、その仕組みはいつだって一緒ですから、大した違いなんてないんです。

相手はただの死んだタンパク質です。出来ることは限られているんです。

 

よく見かけるグレードで分けられたストレートメニューとか。

余分にお金を出したら、余分に髪もキレイになるものと人は信じたいんです。

 

なら、そこそこの金額のお客様には手抜きするの?

まさか、働くのは薬剤だから手加減するのだとしたらほとんど詐欺みたいなもの。

ストレートにしたいのに、不十分な効果の薬剤をわざわざ選択すうるなんて、それはもう悪意です。

 

もちろん、そんなことをするお店はきっと世間にはありません。

何せ、わたしたちは所詮お客様に喜んでほしいんですから。

 

なら、何で?

 

上等なトリートメント成分とか使って余計にキラキラツヤツヤにしてくれるとか?

髪に必要な栄養成分をふんだんに使って髪質をより良くしてくれるとか?

 

そう、人は所詮期待したいんです。

 

でも髪は、生えた時からすでに死んでるんですよ。

だれか、切り落とした爪に何かつけて元通りにしてみてくださいよ。

接着剤とか、そういうことじゃないですよ。

組織として、元通りの死んだ組織として一つながりに戻してみてくださいよ。

生き返るって、そういうことでしょ。

修繕? 修復? それってモノのハナシでしょ? 

つまり、見せ掛けのハナシ。

クルマぶつけたら直すし、屋根が雨漏りしたらやっぱり直す。

髪も所詮それと同じ側ハナシなんです。

所詮、何かでごまかす。

 

でも、多分皆さんは ”生き返り” みたいな期待、考え付いてしまうんでしょ?

そういうものあるって、思ってるんでしょ?

IPS細胞髪にぶっかけたらサラサラになった、なんてハナシはなだ聞いたことないとはあくまでもわたし個人の認識ですけど、多分、今現在の事実にはほぼそむいていないはず。

 

死んだ人間が生き返った、なんてハナシ聞いたことありますか?

あったら、それはそれで逢いたい人はいるなあ、なんて。

 

今どきの期待値、特にお金でどうにかしたい期待って、概ねそういう頓珍漢さをまったく疑わない部分で価値呼ばわりされていることがほとんどな気がするんです個人的には。

 

 

わたしは期待に胸弾ませたお客様に、滅法夢のない話をします。

当たり前です。

的外れな期待になんか応えられないし、期待されたくもないです。

だから、ネットに溢れる素敵そうなメニューを丸呑みで期待したがるようなお客様な苦手だし実はあまり有難くないというか志の外でムダに疲れるし、だからあらかじめこんなことを書きたくなってしまうということも本音で、世の中つかれる、は死にそうなひとことだからいいたくないのだけれど、この商売、こんな商売、なんて思わずにはいられないときはなかなかにこころぐるしいものではあります。

 

 

聞いてくれれば、答えます。

あなたのその期待、たまには冷静にうたがってみてはいかがですか?

そういうところからウチの店は応えたいと思ってるんです。

 

儲からないことともまるきり無関係ではないと、勝手に因縁つけてます。

 

 

 

アホだなあ。